高圧洗浄機 メーカー 

高圧洗浄機のメーカーについて

 

国内で購入できる高圧洗浄機のメーカーは、思ったよりも多く、業務用を含めたり、通販オークション向けの安価な商品なども含めると、30社以上に及ぶと思います。

 

日本メーカーでは、


リョービ(RYOBI)
日立(日立工機)
東芝(日本電産シバウラ製(東芝の工具製造メーカー))
アイリスオーヤマ
マキタ


 

外国製メーカーでは、


ブラックアンドデッカー(black and decker)
ケルヒャー
ケルヒャージャパネットたかたモデル

 


 

 

などが家庭用高圧洗浄機では有名です。

 

他にも安価な名前の知られていない商品も
出てきては消え、名前を変えて中身は同じとか
そんな商品もよく見ます。

 

 

業務用機種では、
塗装前の外壁清掃や農機具・車両などの洗浄
厨房の排水パイプなどの温水高圧洗浄など
あらゆる清掃に使用されています。

 

業務用向け製品を作っているメーカーでは、

 


ケルヒャー
有光工業
スーパー工業
ホンダ
アサダ
セイワ
ツルミポンプ
キョーワ
マルヤマエクセル
オカツネ
SUMOTO
シンショー
新明和
日本ワグナー
ニルフィスク

スチール
蔵王産業
スギノマシン
ヤマビコ 新ダイワ
日本クランツレ
順不同


 

 

 

などが知られています。(他にもあれば、教えてくださいね。)

 

業務用は、洗車場向け洗浄機や温水高圧洗浄機を製作するメーカーも多いです。
ここにはない特装車を製造する高圧洗浄車のメーカーも多くあります。

 

駆動も電力だけでなく、ガソリンや軽油など幅広いです。
業務用といわれているタイプは、圧力も強いですが
水量がぜんぜん違います。

 

水量が多いということは、洗い流す効率が良いので
汚れを取り去る時間が短縮されます。
同じ面積でも半分ないし1/3の時間で洗浄できます。
業務用は時間が勝負ですよね。

 

そしてなおかつ出てくる水が温水となると
業務用のすごさが想像できると思います。

 

ただあまりに強力なため
家庭で使うには
要領を得ていないと
掃除する対象が剥げたり
破損したりします。

 

家庭で使うには、やはり家庭用で十分なのです。

 

 

そこで、ここで紹介する機種としては、

 

 

  • 家庭向け。
  • 通販で気軽に購入できるもの。
  • 耐久性など評判がよいもの。
  • オプションが多い。
  • 故障時の部品の確保やアフターサービスが整っている。

 

そのようなメーカーに絞って紹介しています。
その基準で選んでいくと、5〜7社くらいに絞られるのではないでしょうか?

 

家庭用各メーカーの簡単な特徴

 

では細かい説明は、以下のページを参考にしていただくとして
大まかにメーカーの特徴を書いておきます。

 

ケルヒャー
高圧洗浄機では知名度がある。
清掃道具を主体としたメーカー。
機種が多い。
アクセサリーが豊富。
ドイツ製ですが、日本仕様のものもあり、アフターサービスも安心。

 

リョービ
機種は3機種
日本製では、人気
オプションが多い
価格の割りに洗浄効率がいい

 

東芝
機種は1機種
モーター耐久性がよい
オプションセット品が人気

 

アイリスオーヤマ
家庭用収納家庭用品の大手 公式通販店舗あり
セット品が人気 機種も4種類
女性にもおすすめ機種あり

 

ジャパネットたかた
高圧洗浄機を身近に浸透させた通販会社
ケルヒャーと提携して商品を販売
現行機種は1つ
新しくK4.00+テラスクリーナー他、数機種販売中
アクセサリーや洗剤も販売しています
アクセサリーはケルヒャーのものが使用可能

 

日立
工具の信頼性が高い
電動工具の日立工機が製造
種類は5機種
コンパクトで使いやすい
オプションが豊富

 

 

商品の口コミやレビュー、自分で使ったことのある部分での感想も含めて、人気のあるメーカーを取り上げてみました。

 

参考にしてみてくださいね。

 

 

ケルヒャー

家庭用高圧洗浄機の2大メーカー関連記事

ケルヒャー(karcher)
日本で高圧洗浄機のシェアを一気に伸ばしつつあるケルヒャーの紹介です
リョービ(ryobi)
国内ではトップシェアのリョービの高圧洗浄機についてお伝えします。


スポンサードリンク